【昭和VRっていうシリーズです】
昭和って、なんだか奔放で、エネルギッシュな時代のイメージがあります。
そんな時代に、おぼこい言葉使いの笑顔が眩しい野菜売りの「オサセ」な娘っ子と助平な行為をしたくないですか?
畑で採れた野菜を売り歩く娘っ子は、その先々で、いろんな村人に求められ、肉体関係を結んでいます。

そんな娘っ子が唯一、恋心のようなものを抱くのは、屋敷に住むドラ息子、つまり貴方です。
貴方は、他の村人よりもねちっこく丁寧に身体を責め上げるので、娘っ子は虜になってしまったようです。

安心してください。いまいちピンと来なくても、内容は、助平です。
娘っ子=若宮穂乃さんの愛くるしい笑顔と、敏感な身体を堪能してください。

【こんなお話しです】
「今日も、この時間だ。
野菜売りの娘っ子が、屋敷の前を通り掛かる時間だ。
私が返事をしなくても、娘っ子は勝手に部屋まで入ってくるはずだ。

朝から野菜を売り歩き、汗をかいた、みずみずしい娘っ子が待ち遠しい。
あの元気な、活力に溢れた身体を弄くりたくて堪らない。
塗ってやると喜ぶ、透明な油を、早く娘っ子の身体に垂らして揉みしだきたい。

時間を掛けて責めて、動物のような声を出して痙攣する様を見たい。

娘っ子は、『おもちゃ』だ。いくら遊んでも飽きない『おもちゃ』だ。
私の気持ち良い場所を全て覚えてしまった、いけない『おもちゃ』よ…」

「野菜は要らんかねー。新鮮な野菜は要らんかねー」

「来た来た。私だけの『おもちゃ』」

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
おすすめ関連時間作品
WEB SERVICE BY FANZA